2015年8月24日月曜日

ポルトガル旅行記④

ポルトガル2日目は…
コインブラへ
と、その前にアヴェイロに…
たくさんのアズレージョに彩られた
アヴェイロの美しい旧駅舎。


運河の流れるアヴェイロの街を散策
日本の最中の原型といわれるお菓子
”オーゴシュ モレーシュ”
アヴェイロの女子修道会の人達によって作られた甘〜いお菓子。
エスプレッソと共に…
さて…
次はコインブラへ
1290年に創立されたポルトガルで最も古い大学”コインブラ大学”
医学部の女子学生によるファドでお出迎え!
カブラ(山羊)と呼ばれる立派な時計塔
17世紀から受け継がれてきた大学の
伝統を見学。2003年に世界文化遺産
に登録。
礼拝堂
天井の画は漆喰に直接、色を入れて描くため、漆喰が乾かないうちに行うことから”フレッシュなうちに描く”で
フレッシュ→フレスコと呼ばれる。
礼拝堂の壁には大きなアズレージョ
旧図書館
中は写真NG…
中は古い本の匂いが…
現在も学生達はきちんと申請すれば
図書館の中でなら本を読む事が出来る
そう。
コインブラ大学は旧市街のいちばん高台にある。そこからの美しい景色。
ラテン語を話すことが義務づけられた
”ラテン回廊”からカブラを望む。

コインブラの旧市街は雰囲気ある
素敵な路地と坂、坂、坂〜っ!
コインブラ・ファドで使う
12弦のポルトガルギター
また、坂…
今夜の宿泊は
”Quinta das Lagrimas”
ポルトガル版”ロミオとジュリエット”⁉︎
ペドロ王とイネスの哀しい恋のお話。
そのイネスゆかりの館を改装したホテル。
広大なお庭を散策
大きな木(名前はわからず…)
ディナーのメインは
”メルルーサのソテー”
メルルーサとは深海魚‼︎
見た目はすごいらしい…
でもお料理は美味でした〜っ!

今日も盛りだくさんの1日。
明日は長距離移動でエヴォラへ…
それではまた
Tchau!

0 件のコメント:

コメントを投稿